定時退社はワークライフバランスを改善しない

nomad

定時退社はワークライフバランスを改善しない

via まいにゅ〜す

子供が小学校に行き始めて、今までと大きく変わったのは、子供の周りに働いてないお母さんが存在することだ。

というのも、うちは共働きなので子供は生後3ヶ月から保育園に通わせていた。未だに三歳児神話とかで、子供に悪影響があると言う人もいるが、自分も保育園に行ってた事があるので、単純に親から離れる時間が多い事が悪いとは思わない。

話が逸れた、本題に戻ろう。

子供が小学生になるというのは、共働きの家にとって負担が増えるイベントが多い。というのも、どちらかの親が働いてない事を前提に行事が組まれる事が多いからだ。もちろん運動会や学芸会のような学校行事は土曜に行うことがほとんどだが、PTAの行事となるとそこまで気を使った日程にはなってない。4月だけでもPTAを含む学校行事が平日に3回はあった。

こういう場合、定時退社というのはあまり効力を発揮しない。有給休暇を使わざるをえないんだが、学校行事といっても説明会や子供のお迎えの練習だったりで、必要な時間は1時間ほど。仮にノマドワーカー的に家で仕事をしていたら、その時間だけ学校に行くことも可能になる。

僕は基本的にはエンジニアなので、ノッてるときは何時間でも作業をしていたい。逆にノラない時は2chでも見ながらぼーっとしてたいw

githubDropboxGoogl Appsなどで、会社に居なくても開発できる環境は整いつつある。今の会社では無理だが、機会があればそういう生活を試してみたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です