やるべき仕事はなくなりました

goodbye

今日(6/15)が最終出社日です。退職は今月末。

お世話になった方々には、この場を借りて感謝を伝えたいと思います。黒田のワガママに付き合ってもらってありがとうございました。

で、何故辞めるのか、
簡単に言えば、僕がやるべき仕事がここに無くなったからです。

瀕死の患者(サービス)に再手術をすべきかどうか、それは判断が分かれるところでしょう。
今回、僕は反対でした。

僕はプロフェッショナルでありたいと思っています。
会社に不利益を発生させるような仕事はしたくないです。
それが仮に僕の勘違いだとしても、それを反証しようとする人もなく、納得はできませんでした。

そして、僕がやるべき仕事は無くなりました。

その事自体に不平も不満もありません。ひとつの会社の判断だと思います。
これは本心です。

ただ、戦いのない場所に傭兵は必要ないでしょう。
傭兵は戦場にいてこそ、意味があります。

次の会社は、今のところ秘密にしときます。
7月1日から働きます。

Comments 8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です